FX口座の選び方

FX口座を選ぶポイントを解説

FX取引が何か理解でき、さぁ始めようと思っている方に 実際にどのようなステップですすめていけばいいかお教えします。

  1. FXの取引会社を選ぶ。
  2. 口座を開設して入金する
  3. 練習取引をする
  4. FX取り引きの流れを理解する
  5. 実際に注文して取引を始める。

このような流れです。

今回ここではFXの取引会社の選び方についてお教えします。 投資のためにお金をその会社に預けるわけですから、ちゃんと検討して決めたいものです。

まず、預けるお金(証拠金)を会社の資産とは別にきちんと保管しているかです。分けて保管していなければ、その会社が倒産した場合にかえってきませんのでしっかり確認しておくべきでしょう。保全を行っていない会社ではFX取引を行わないことをお勧めします。FX取引を始めようと思う方はただ単にギャンブルとしてしようと行う方はいません。将来の必要資金のために自分の資産をFXに使うのですから。

次に手数料はいくらかです。 通貨を売買するたびにスプレッドという手数料がかかるのが一般的です。 最近では手数料が無料になっている会社もありますが、実際にはスプレッドが無料という事はあり得ません。またスプレッドが安い会社を選ばれる場合は、全体的に見て判断するべきでしょう。

毎日取引される方は、手数料が無料の会社がお勧めです。逆に、あまりFXに関して知識がない方であれば、手数料は少しかかるが、適切なアドバイスをくれる会社を選ばれてもいいでしょう。

次にレバレッジはいくらかです。 なれない間はレバレッジが低い会社でも問題ありませんが、慣れてきてからは、レバレッジが多くかけることのできる会社を選ばれてもいいでしょう。

最後にスワップポイントはいくらかです。 2つの通貨の間の金利差で儲けをだしたい。長期保有してスワップポイント稼いでいきたい方は、自分が購入したい通貨のスワップポイントに注目してFX会社を選んでみるといいでしょう。

自身の投資スタイルに合わせた会社を選び、かつ資金を安全に保全してくれる会社を選ぶことをおすすめします。