スワップポイントとは

スワップポイントとは何か

FXには株式投資にない金利差で儲けるという方法があります。

FXは世界の通貨を売買することで儲けるものだと思われがちですが、この金利差で儲ける取引も非常に多く利用されています。

それぞれの国で政策金利が異なります。日本では0.10%の金利でも 他国では1%,2%,3%と異なっています。

金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を購入したい時に得られるものをスワップポイントと言います。

スワップポイントは日々受け取ることができ、通貨の金利のようなものです。 このスワップポイントは各FX会社によって異なります。

スワップポイントは金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を購入した場合にはスワップポイント(金利)を受け取ることができますが、その逆の場合、高い金利の通貨を売り、安い通貨を買った場合にはスワップポイント(金利)を負担しなければなりません。

スワップポイントはその通貨を保有してる期間は継続して受け取ることができます。定期預金などは途中解約を行ってしまうと金利分が受け取れなかったりしますが、その点FXは安心して取り扱いができます。

しかし、注意して頂きたいのは、スワップポイントが多く得ることができるといっても、その通貨が下がってしまえばその差額分は損失ですので、差額分とスワップポイントに注意して取引しなければばりません。

このようい、FXには株式投資で言う配当、預金でいう利子のようなスワップポイントがあることにも留意しておくべきでしょう。

スワップポイントもレバレッジをかけた場合には倍増しますので、有効な投資手段です。